膨らみを取り戻す|自分に自信がつく|ニキビ跡のクレーターは早めに治療しよう

自分に自信がつく|ニキビ跡のクレーターは早めに治療しよう

婦人

膨らみを取り戻す

胸元

身体の負担を少なく

生涯に乳がんを患う女性の数は、情報によるところでは10年以上前に比べ2倍程度増えています。ピンクリボン運動によって、意識が高まり、早期治療も展開できます。健康を取り戻す女性も多く、また、腫瘍摘出によるコンプレックスの乳房を失ってしまう美容の悩みも、乳房再建の手術で解消されています。乳房再建の多くは乳がん患者に対して行われています。がん切除と同時に行う一次再建、あるいは二次再建からの選択ができ、整形外科ではなく形成外科が担当するのが特徴の一つです。身体への負担を軽減する選択肢には、一次二期的乳房再建が挙げられ、約半年から一年間の時間をおくことで癒着を防ぐことが可能です。豊胸の整形術同様、胸に馴染むシリコンインプラントを挿入して再建させる方法が一般的です。

脂肪を使う方法

健康的にも乳がんを根治させることが大切ですが、同時に、見た目の美しさを取り戻すことも大切です。現在、整形の施術を行う形成外科では乳房再建手術も提案されています。女性医療の改革でもあり、近年では脂肪組織由来の幹細胞移植と呼ばれる新しい再建が、女性医療で注目を集めています。美容整形でも再生医療は話題性が高く、乳房を失ってしまった女性に希望を与えるメリットが数多く挙げられています。例えば、一つ目には太ももやお腹の脂肪を利用する点です。このことで、再建と同時に痩身効果が期待できます。もちろん、自分の脂肪を用いるため、感触は柔らかく、また、見た目もインプラントよりも違和感を感じにくいメリットがあります。特に片方の胸に限定した乳房再建では、見た目が気になるため、自分の脂肪が利用できることは温もりがあると評価されています。